カタカナ英会話 197言目 :
「実を言うと、ダンスが得意なんです。」

 

本日の 【 一言カタカナ英会話 】 はこちら!

 

エァズ ア マラー アヴ ファク(ト)、アイ(ム) グッ(ド) エァッ(ト) デァンスィン(グ)。

As a matter of fact, I’m good at dancing. = 実を言うと、ダンスが得意なんです。

 

 

「このフレーズはすでに覚えているから大丈夫!」という方はこちら ↓

 

 

 

発音チェック(単語)

 

以下の 単語 を直接タップして、 正しい発音を確認してみましょう。

※ 音声が流れます。音量にご注意ください。

 

エァズ ア マラー アヴ ファク(ト)、アイ(ム) グッ(ド) エァッ(ト) デァンスィン(グ)。

🔊 As発音を確認a matter発音を確認of発音を確認fact,発音を確認I’m発音を確認good発音を確認at発音を確認dancing.発音を確認

 

“As” と “at”、そして “dancing” はそれぞれ「アズ」「アット」「ダンシング」と発音してしまいがちですが、口を「エ」の形にしてから「エァズ」「エァット」「デァンスィング」と発音 してみてください。

“matter” は「マター」でもOKですが、ここではあえて より滑らかに「マラー」と発音 してみましょう。

「アヴ」は 口を縦に開けて「ア」、そのまま前歯で下くちびるに触れて「ヴ」と発音 します。

「ファクト」の「ファ」も、前歯で下くちびるに触れてから発音する ように心がけましょう。

「ファクト」と「エァット」の「ト」、「グッド」の「ド」、そして「デァンスィング」の「グ」は 音を止めるだけ、というイメージで短く発音 します。

「アイム」の「ム」は 口を閉じて音を止めればOK です。

「デァンスィング」の「スィ」はくちびるを突き出しての「シ」ではなく、口角を軽く開き、歯のすき間から鋭く息を吐いて発音する のがポイントです。

 

 

発声練習(単語)

 

それでは、さっそく声に出してみましょう。

 

エァズ ア マラー アヴ ファク(ト)、アイ(ム) グッ(ド) エァッ(ト) デァンスィン(グ)。

 

先ほどの正しい発音を意識しながら、まずは ひとつひとつの単語をていねいに 読み上げてみてください。

 

 

発声練習(文章全体)

 

続いて、 単語と単語の間隔を空けずに 発声してみます。

いきますよ~。

 

エァズァ マラァッファク(ト)、アイ(ム)グデァッ デァンスィン(グ)。

 

日本語を話すときのように、文章全体を一つのかたまりとみなし、最後まで一気に 読み上げましょう。

 

 

発音チェック(文章全体)

 

以下の 文章 を直接タップして、 正しい発音を確認してみましょう。

※ 音声が流れます。音量にご注意ください。

 

エァズァ マラァッファク(ト)、アイ(ム)グデァッ デァンスィン(グ)。

🔊 As a matter of fact, I’m good at dancing. 発音を確認

 

「エァズ ア」はひとつにつなげて「エァズァ」と滑らかに発音 しましょう。

「マラー アヴ ファク(ト)」も、「マラァッファク(ト)」とコンパクトに発音 してみてください。

さらに、「グッ(ド) エァッ(ト)」も 「グデァッ」と短く発音 してしまいましょう。

繰り返しになりますが、「デァンスィング」の「スィ」はくちびるを突き出しての「シ」ではなく、口角を軽く開き、歯のすき間から鋭く息を吐いて発音する ことをしっかりと意識してくださいね。

 

 

発音練習(復唱)

 

最後に、本日の一言を 5回 複唱して、口になじませていきます。

読み上げるスピードを徐々に上げていけるように頑張ってみてください。

 

準備はいいですか?

 

それではいきましょう! せ~のっ!

 

エァズァ マラァッファク(ト)、アイ(ム)グデァッ デァンスィン(グ)。

エァズァ マラァッファク(ト)、アイ(ム)グデァッ デァンスィン(グ)。

エァズァ マラァッファク(ト)、アイ(ム)グデァッ デァンスィン(グ)。

エァズァ マラァッファク(ト)、アイ(ム)グデァッ デァンスィン(グ)。

エァズァ マラァッファク(ト)、アイ(ム)グデァッ デァンスィン(グ)。

 

 

“As a matter of fact” の代わりに、「トゥーテ(ル)ザトゥルー(ス)」というフレーズを用いることもできます。

To tell the truth, 〇〇. = 実を言うと、〇〇なんです。

 

皆さんが周りに隠している特技はありますか?

本日のフレーズを応用して、ご家族や友人知人を驚かせてみましょう ♪

 

 

本日はこれで終了です。お疲れ様でした!

時間を空けてもう一度口ずさんでみる と、より効果的ですよ。

 

 

「引き続き、次のフレーズにチャレンジしたい!」という方はこちら ↓

 

 

 

おわりに ~ オンライン英会話スクールを活用しよう! ~

 

英文を口に出すことにはまだ「抵抗を感じる」「恥ずかしい」という方、焦らなくても大丈夫!

当サイトで 毎日少しずつ、一緒に練習を続けていきましょう!

「継続は力なり」!!

 

また、「英文を口に出すことにだいぶ慣れてきた!」という方には、次のステップとして 【 オンライン英会話スクール 】を活用しての実践練習 がおすすめです。

「実際に人と英語で会話してみる」。それだけでも、英会話スキルは驚くほど向上します。

 

レッ(ツ) トラィ!

 

 

本記事の最後に、【 初心者向け 】のオンライン英会話スクール をいくつかご紹介しています。

各社ともに、 【 完全無料 】の体験レッスン が用意されています。

 

分からないことは日本語で質問できる スクールがほとんどですので、怖がらなくても大丈夫!

無料レッスンを活用して、気軽にチャレンジしてみましょう!

 

スィーユーネクスタイ(ム)!

 

 

初心者におすすめ!
オンライン英会話スクールのご紹介